経営 の記事一覧

売り上げを伸ばしたければ、まずは改善点を特定

社長であるあなたは、売り上げがどうやって成り立っているか意識していますか?

売り上げを聞かれれば、殆どの社長は即答できると思います。

でも、客数や客単価などは聞かれても意外に把握してない方が多いようです。

それらを把握していないと、売り上げを伸ばすために何をすればいいのか分かりません。

続きを読む

USPを持たずにビジネスはできるのか?

USPって必要なの?

今日はUSPについて考えてみましょう。

USPは、Unique Selling Proposition の略です。

スモールビジネスやっていくならば、これがあると、
それだけでアドバンテージが得られます。

では、USPを端的に表すとどうなるでしょうか?

「他では決して提供できない価値」とでも言い
ましょうか。

「他でも手に入る価値」ならば、価格で勝負が
決まります。

逆にしっかりとしたUSPを確立していれば、他と
戦うことなくビジネスができます。

USPが機能しているのか確認しましょう

では、あなたのビジネスにUSPはありますか?

もし、あるならば、そのUSPは、その役目を果た
しているのかを確認しなければなりません。

では、どうすればそれを確認できるでしょうか?

簡単で確実な方法は、「お客さんに何故あなた
から買うのかを聞く」ことです。

その回答が、「昔から取引しているから」とか、
「近いから」という理由だった場合は、注意が
必要です。

そういう理由の場合、取引条件がいいところや、
もっと近くに取引できるところができれば、そこに
鞍替えされます。

それをさせないのがUSPです。

では、どういうものがUSPとなり得るのでしょうか?

例えば、ドミノピザは、「アツアツのピザを30分
以内にお届けします」というサービスを始めました。

この斬新なサービスによって、ドミノピザは
急成長を遂げました。

QBハウスという理容室は、「10分1000円」と
オファーしました。

これで、安く済ませたい消費者と時間を掛けたく
ない消費者の両方の囲い込みに成功しました。

どちらの事例も他にはないサービスだったので
優位性を保てました。

では次のようなオファーはどうでしょうか?

「アツアツのピザを30分よりも早い20分以内に
お届けします」というオファー。

これはUSPではありません。

このような訴求は比較されやすく、価格競争が
始まります。

そして、体力のあるものが生き残ります。

USPはどうやって見つけるの?

USPの必要性は理解いただけたと思いますが、
では、どうするればUSPを見つけ出せる
でしょうか?

まずは、持っているスキルや得意なことをできる
限り多く挙げることです。

次に、それらをできる限り細かく分解します。

分解したそれぞれの事柄について、それを
生かせるビジネスはないか検討します。

もし、ぴったりはまるものが見つけ出せたのなら、
ビジネスとして成り立たせることができます。

少々根気のいる作業ですが、これをやら
なければ「その他大勢」に分類されてしまいます。

ここで考えて欲しいことは、あなたの業界では
当たり前のことでも、一般消費者に響く訴求
ポイントもあるということです。

アメリカのあるビール会社は、いかに丁寧にビールを
生産しているか訴えたところ、シェアを一気に伸ばし
ました。

でも、その丁寧な生産は他のビール会社でも
当たり前のように行われていることでした。

こういうところにも、ヒントはあります。

ここで注意することは、そのUSPは、お客さんにとって
分かり易く魅力的なものかということです。

いくら強力なUSPであっても、お客さんに理解して
もらえなかったり、魅力的でなければ、意味が
ありません。

それらのことをクリアしたUSPを確立してください。

明日の仕事に活かしていただけると幸いです。

社長の1時間を簡単に奪う社員の一言

社長のパフォーマンスは会社経営に直結している

社長という立場の人には、常に意識して
欲しいことがあります。

しれは、生産的な作業をする時間は、
ちょっとしたことがきっかけでぶち
壊されるということです。

それは社員の「社長、一瞬だけ質問して
いいですか?」という一言で始まります。

一瞬って、一般的には1秒以内ですよね。

せいぜい長くても5秒くらいでしょうか。

そんな短時間でできる質問なんてある
でしょうか?

そういう社員からの質問って、気が散ります。

そもそも「一瞬」という言い方にイラッとします。

で、質問内容は自分で考えればすぐに答えが
出るような、くだらないものだったりします。

そういう時、イラッとした感情をしずめて、さらに
集中力を取り戻すのに1時間くらい掛かったり
しないでしょうか?

もしも、1時間ごとにそういう質問を8回繰り
返せば、社長は1日を棒に振ることになります。

これでは会社経営もおぼつきません。

社長の時給を考えれば、社員は、自分で考え
れば答えがでるような質問を社長にすべき
ではありません。

そもそも、社長にしかできない質問なんて、
そう多くは、ないはずです。

では、どう対応するか

午前中は、社長に話しかけることを一切
禁止するというのはいかがでしょう。

そうすれば、社長の仕事は、はかどります。

そして、社員も自分の頭で考えるように努める
ようになります。

そうすることで、社員も成長します。

一石二鳥です。

試してみる価値はあると思います。

コピーはコンバーション率だけでは判断できない

コンバージョン率はテストの入口でしかない

AというコピーとBというコピーを同じ商品で
テストしました。

その結果、コンバージョン率は、Aが15%で、
Bが10%だったら、どちらのコピーを使う
べきでしょうか?

普通はAだと答えますよね。

でも、それだけを見て判断するには、まだ
時期尚早です。

Aを見たお客さんは1個しか買ってくれない
のに、Bを見たお客さんは2個買ってくれる
かも知れないからです。

もしそうだったらBを採用すべきでしょうか?

これも時期尚早です。

Aを見たお客さんは10日ごとに買ってくれる
のに、Bを見たお客さんは1ヶ月ごとにしか
買ってくれないかも知れません。

つまり、そのお客さんが今後どれくらい買って
くれるのかを見て決めるべきなのです。

これを、Life Time Value(生涯価値)と
言います。

マーケターは、常にこういうテストをしながら
コピーを決めなければなりません。

さらには、Aを見て買ってくれたお客さんは
若年層が多く、Bを見て買ってくれた
お客さんは年配ばかりかも知れません。

そうであるなら、Aのコピーの方がいいのかも
知れませんが、もう少し考える必要が
ありそうです。

Bを見て買ってくれたお客さんには、
Aのコピーは響かない可能性もあります。

その逆も然りです。

メディアを変えたら、また違った結果に
なるかも知れません。

時代の流れとともに傾向が変わってくる
可能性もあります。

テストの手間を惜しまない

結局のところ、完璧な正解はありませんから、
それぞれの属性を分析しながら、ありとあらゆる
テストを継続しなければならない、という結論に
なります。

そう考えると「面倒くさい!」となりそうですが、
そこで手を抜くのは賢明ではありません。

ちょっとした違いが、大きな差を生むことも
あります。

マーケターには、そんな地味な作業を
もいとわない根気強さが必要なのかも
知れません。

経営者になろうとしている方には、こういう
覚悟を持って臨んでほしいですね。

成功するかどうかは、そこにかかっている
かも知れません。

ブログのアクセスを増やすテクニック(初級編)

ブログの活用

ブログは、集客ツールとして有効な手段の
一つです。

テーマ沿った記事を数多く書けば検索
エンジンにヒットし易くなるからです。

本日は、ヒットし易いブログを、もっとヒット
し易くするための秘訣について解説
いたします。

記事の書き方

まず、キーワードを意識した記事を書きましょう。

いくらいい内容の記事を書いたとしても、
テーマに沿ったキーワードの出現率が低いと
検索エンジンにヒットしません。

当ブログであれば、「集客」や「売り上げアップ」
というキーワードが適度に出現するのがいい
記事です。

もちろん、いい記事が揃ったブログには
ファンが集まるので、キーワードを意識
しなくてもよさそうですが、その前に見つけて
もらわないことにはお話しになりませんよね。

競合がひしめき合ってるところを狙わない

次に、ビッグキーワードは狙わないように
します。

例えば、「集客」というキーワードでアクセスを
集めようとしても、そのような一般的な
キーワードは他のブログでもたくさん扱われて
いるので競合が多く、なかなか上位表示
されません。

そういった場合は、ターゲットを絞った
キーワードを狙うのも一つの手です。

例えば、渋谷にあるネイルサロンであれば、
ターゲットを渋谷に居住または勤務している
20代の女性をターゲットとすることができます。

この場合、「ネイル 渋谷 20代 女性」という
キーワードでかなり絞られるので、競合も
少なく、上位表示される可能性が高まります。

また、たくさんの外部リンクがあるブログも
上位表示され易くなります。

外部リンクとは、他のウェブサイトから
貼られているリンクのことです。

ブログとSNSの連携

ブログを更新すると自動的にSNSで告知
されるように設定しておきましょう。

SNSとは「Twitter」とか「Facebook」などの
ソーシャルネットワーキングサービスの
ことですね。

アメブロから誘導するというやり方もあります。

アメブロは、ユーザー数も多いですし、
コミュニケーションツールも様々なものが
用意されています。

SEO対策

SEO対策よりも、いい記事を書く方に注力
した方がいいということは、よく言われて
いますが、これに関連して重要なことが
あります。

それは、「meta title」と「meta description」を
ちゃんと埋めることです。

これを怠るとサーチエンジンに検索されません。

 

以上、様々なテクニックをご紹介いたし
ましたが、これをやるのとやらないのとでは
アクセスに大きな差が出てまいりますので、
活用しない手はありませんよね。

アクセスは売り上げに直結する指標です。

大事にしましょう。

最後に、アクセスを増やすのに一番
重要なのは、有益な情報を発信する
ことだということを忘れないでください。