問題が解決しない理由は、ここにある!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舗装されていない道が多かった昔は、大雨が降ると深いわだちができました。

そこに馬車の車輪がはまると、抜け出すのは一苦労でした。

それはそれで仕方ないことなのです。

でも、あなたが何らかの問題を抱えていて堂々巡りをしているなら、思考を変える必要があります。

わだちから抜け出す

何らかの問題にぶち当たった時、まず考えることは何ですか?

過去どうやってその問題を解決したのか?ということですよね?

おそらく、それを真っ先に試すだろうと思います。

それでもうまくいかなかった時、「何かの間違いでは?」と思いながら、もう一度それを試してみるかも知れません。

まあ、ここまでは普通だと思いますが、それでも、状況が変わらないのならば、それを繰り返してはなりません。

その対応でうまくったのは「過去のこと」です。

同じことをやってうまくいかないなら、その現状を受け入れて、他の方法を試みるべきです。

目の前の問題は、現象は過去のそれと同じかも知れませんが、原因が違うかも知れません。

同じことをすれば、同じ結果が待っている

過去やった方法で、解決することも多いと思います。

でも、同じ問題が再発しているということは、次もまた発生する可能性が高いです。

なのにやり方を変えようとしない。

これこそが「わだちから抜け出せない」状況です。

恒久的な問題解決とは言い難いです。

それは、「一時しのぎ」です。

過去のうまくいった経験が多ければ多いほど、わだちは深くなり、抜け出しにくくなります。

常人はそこで立ち止まって動けなくなります。

でも優秀な人は、そのわだちから、すぐに抜け出します。

そうしなければ問題が解決しないことを知っているからです。

そうやって導き出した解決方法は、恒久的な解決につながる可能性が高いです。

問題解決とは、こうあるべきです。

ただし、例外もなくはないです。

同じことを繰り返すことで解決する問題もあります。

そういう場合でも、どうして繰り返すと解決するのか、根拠が必要ですよ。

集客においても同じことが言えます。

過去に出した広告の反応が悪くなってきた時、「おかしいなぁ」と思いながら同じ広告を出し続けてはなりません。

他の広告でテストしてください。

時代は常に変化しています。

それとともに、お客さんも変化し続けています。

その変化に適応できなくなった時、そのビジネスは終焉を迎えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*