USPを持たずにビジネスはできるのか?

USPって必要なの?

今日はUSPについて考えてみましょう。

USPは、Unique Selling Proposition の略です。

スモールビジネスやっていくならば、これがあると、
それだけでアドバンテージが得られます。

では、USPを端的に表すとどうなるでしょうか?

「他では決して提供できない価値」とでも言い
ましょうか。

「他でも手に入る価値」ならば、価格で勝負が
決まります。

逆にしっかりとしたUSPを確立していれば、他と
戦うことなくビジネスができます。

USPが機能しているのか確認しましょう

では、あなたのビジネスにUSPはありますか?

もし、あるならば、そのUSPは、その役目を果た
しているのかを確認しなければなりません。

では、どうすればそれを確認できるでしょうか?

簡単で確実な方法は、「お客さんに何故あなた
から買うのかを聞く」ことです。

その回答が、「昔から取引しているから」とか、
「近いから」という理由だった場合は、注意が
必要です。

そういう理由の場合、取引条件がいいところや、
もっと近くに取引できるところができれば、そこに
鞍替えされます。

それをさせないのがUSPです。

では、どういうものがUSPとなり得るのでしょうか?

例えば、ドミノピザは、「アツアツのピザを30分
以内にお届けします」というサービスを始めました。

この斬新なサービスによって、ドミノピザは
急成長を遂げました。

QBハウスという理容室は、「10分1000円」と
オファーしました。

これで、安く済ませたい消費者と時間を掛けたく
ない消費者の両方の囲い込みに成功しました。

どちらの事例も他にはないサービスだったので
優位性を保てました。

では次のようなオファーはどうでしょうか?

「アツアツのピザを30分よりも早い20分以内に
お届けします」というオファー。

これはUSPではありません。

このような訴求は比較されやすく、価格競争が
始まります。

そして、体力のあるものが生き残ります。

USPはどうやって見つけるの?

USPの必要性は理解いただけたと思いますが、
では、どうするればUSPを見つけ出せる
でしょうか?

まずは、持っているスキルや得意なことをできる
限り多く挙げることです。

次に、それらをできる限り細かく分解します。

分解したそれぞれの事柄について、それを
生かせるビジネスはないか検討します。

もし、ぴったりはまるものが見つけ出せたのなら、
ビジネスとして成り立たせることができます。

少々根気のいる作業ですが、これをやら
なければ「その他大勢」に分類されてしまいます。

ここで考えて欲しいことは、あなたの業界では
当たり前のことでも、一般消費者に響く訴求
ポイントもあるということです。

アメリカのあるビール会社は、いかに丁寧にビールを
生産しているか訴えたところ、シェアを一気に伸ばし
ました。

でも、その丁寧な生産は他のビール会社でも
当たり前のように行われていることでした。

こういうところにも、ヒントはあります。

ここで注意することは、そのUSPは、お客さんにとって
分かり易く魅力的なものかということです。

いくら強力なUSPであっても、お客さんに理解して
もらえなかったり、魅力的でなければ、意味が
ありません。

それらのことをクリアしたUSPを確立してください。

明日の仕事に活かしていただけると幸いです。

あなたが幸せであり続けるために必要なこと

人間は幸せであり続けることはできるのか

「幸せ」の定義は人それぞれです。

年収1000万円であったり、豪邸を建てる
ことであったり、社長になることであったり、
色々な定義があります。

では、それぞれの「幸せ」を達成したら、
その後も幸せが続くのでしょうか?

続きませんよね。

例えば年収1000万円を達成した後は、
年収1000万円が普通のことになって
しまいます。

あるとするなら、1000万円を切ったとき
不安を感じることぐらいです。

建てた豪邸を見てうっとりし続けたら、
それはおかしな人です。

では、「幸せ」であり続けるためには、
どうすればよいのでしょうか?

 

目標に向かって日々努力し続ける

目標に向かって努力している時、あなたは
充実した気持ちになりませんか?

初めは、自分のための努力なのかも知れ
ませんが、やがて、恋人、家族、友人、人々
など様々な人達を喜ばせるために努力
するようになるはずです。

そして、目標を達成した時、「幸せ」だと
感じます。

でも、その「幸せ」を感じた後は、その
「幸せ」は日常に変わります。

つまり、手にしたはずの幸せは、どこかに
消えてしまいます。

じゃあ、達成が難しい目標を設定して努力
し続けることが、「幸せ」なのかというと、
それも違いますね。

節目節目で「幸せ」を感じられるように健全な
目標を設けて努力し続けるべきです。

念のため、「片時も休むな」と言う意味では
ないということをつけ加えておきます。

「年収1億円」を目標に設定すると、今の収入と
かけ離れていて、果てしなく遠い目標に
感じられてしまい、挑戦する気がうせて
しまいます。

だから、もっぱらの目標は努力すれば近い
将来達成できることにするといいでしょう。

そして、「目標へ向けての努力」と「目標の
達成」を繰り返すことで「幸せ」であり続け
られます。

このことは、
「チャレンジの意味、はき違えてませんか?」
でも述べています。

 

ことが予定よりも早く進むことへの不安

物事が予定より早くことが進むと、「何かやり
忘れたことがあるのではないか」、「思わぬ
落とし穴が待っているのではないか」と、
根拠のない不安を感じます。

逆に、予定よりも遅れると焦りを感じます。

焦りは判断力を鈍らせます。

ですから、予定より早く進んだ時、予定より
遅れた時には、何がそうさせているのか、
しっかりと分析してください。

原因が分かりさえすれば、不安も焦りも消える
はずです。

 

目標が尽きることはない

欲しいもの全てを手に入れ、人間関係も家族
関係も、全てが思い描いた通りになり、
そして莫大な資産が残っている時、あなたなら
その資産をどうしたいですか?

寿命を迎えた時、棺桶の中に一緒に入れて
欲しいですか?

それがあなたにとっての「幸せ」ですか?

殆どの人が「No」と答え、生きているうちに
世の中のために何かを始めるはずです。

貧しい人を救ったり、平和活動をしたり、
実現したくなることは、生きている限り
尽きることはないはずです。

つまり、目標を達成するごとに新たな目標が
生まれ、一生を掛けても全ての目標を達成
することはありません。

「幸せ」であり続けることができるというのは、
そういうことです。

 

小さな「幸せ」にフォーカスする

不幸のどん底にいる人でも同じです。

国家レベルでつくられた制度によって
貧しい生活を強いられている人でさえです。

その人達が、現状を変えるために、手を取り
あった時点で、小さいながらも幸せを感じる
はずです。

 

ここまでお話ししたことをニュートラルな
気持ちで聞いてもらえれば、あなたの
進むべき道は見えるはずです。

それでもなお、自分に「幸せ」が訪れるとは
思えない人は、自分の殻から抜け
出せない人か、努力が嫌いな人かの、
どちらかです。

 

もしかすると、自分が「幸せ」を勝ち取ろうと
すると、ことごとく叩かれてしまったという経験
から、不安を感じる人もいるかも知れません。

でも、それを恐れてはいけません。

そういう経験を何度も味わったからといって、
そこで諦めるのは早過ぎます。

 

あなたは、これまで一度の挑戦で達成したこと
など、殆どないということを思い出して下さい。

あなたは、自転車に乗ろうと思った時、
初めての試みで乗れるようになりましたか?

「薔薇」という字、一度書いたら、次から
見なくてもすらすらと書けますか?

一度や二度で達成できないから、三度、
四度と試みる必要があるのです。

それが、努力というものです。

その過程にあるのが「幸せ」です。

 

「幸せ」とは、意外に身近で手の届くところに
あります。

もし、私の意見に賛同していただけるなら、
あなたには、今日とは違う幸せな明日が
訪れます。

 

あなたが前向きで、幸せな人生を歩むことを
願っています。

起業成功の法則!パート3 ~ 習慣 ~

「起業成功の法則」の3日目(最終日)です。

成功するには、成功するための習慣が必要
です。

こういう話をすると必ず出てくるのが、「それが
できたら苦労しない」ですよね。

でも大丈夫です。

工夫すれば、誰でも習慣化できます。

一つ目の工夫は「まず始める!」です。

「立ち上がってパソコンの電源ボタンを押す」
ことはそんなにハードルは高くないですよね。

それさえできれば、自然と作業に掛かれます。

立ち上げたパソコンを放置するのも、立ち
上げたパソコンをすぐにシャットダウンする
のも、正気じゃないですよね。

だから、作業をせざるを得なくなります。

起業とは「定期テスト」だ!?」でも語られて
いるように、初めてみると意外に楽しい作業
だということが分かるはずです。

その先に成功が待っているのですから、
楽しくないはずないですよね。

これが一つ目の工夫になります。

それでも、「私には無理。どうしてもテレビが
見たくなるんです」という人も安心して下さい。

そういう人でもできる方法があります。

しかも、テレビを見る事とお仕事との両方を
です。

それは、スケジュール化してしまう事です。

まずは、30分間テレビを見る事を
スケジュール化し、30分後にテレビを
消すと同時にパソコンを起動することを

スケジュール化しておきます。

パソコンの電源を入れたのに作業もせずに、
またテレビを点けるなんてできないはずです
よね。

普通の人は。

でもって、作業を1時間した後にテレビを
見ることをスケジュール化しておきましょう。

そうすることで、お仕事をすることがテレビを
見ることにつながるので、仕事が楽しく
なります。

でも、多くの人が仕事をしだすとエンジンが
掛かるので、「またテレビを見よう」という思考
にはならないものです。

こうすれば出来そうな気がしませんか?

これでも無理な人は次のやり方を試してみて
下さい。

例えば、読まなければならない本があった
とします。

その本をトイレに置いておきましょう。

そうすると、用を足している間は暇を持て
余しているので、自然と本に手が伸びて
読み始めます。

そりゃそうですよね。

暇を持て余しているのに、目の前にある
読まなければならない本を開くのを我慢
するなんて、どうかしてますよね。

ここでも、「まずやる作戦」が功を奏して、
トイレを出た後もその本を読み続ける
ことになります。

それでも出来ない人は、次に進んで下さい。

取り掛かるのが億劫なのは、やることが
あり過ぎることが理由だったりするのですが、
その場合は、やることを決めておくといい
です。

理由は、それをやっている姿が具体的に
イメージできると億劫でなくなるからです。

でも、それをするにはもう少し工夫が必要です。

それは、やる事を当日ではなく、前日に
決めてしまう事です。

なぜかと言うと、当日に決めようとすると、
そのことすら面倒に感じてしまうからです。

でも、前日だったら、決められるはずです。

そうやって、やることを決めてしまえば、
それを始めるのも必然的になってしまいます。

以上、3つの工夫を提案させていただきました。

これだけあれば、どれかははまると思うの
ですが、いかがでしょうか。

もしも、これでもダメだという人は、成功する
こと自体を諦めた方がいいです。

叶わない夢を死ぬまで追い続けるのは、
相当に苦しいと思います。

それだったら、成功を諦めて楽しく遊んで
いた方がよほど賢明!ですよね。

起業成功の法則!パート2 ~ 応援 ~

「起業成功の法則」の2日目です。

成功したいのに、成功した人を妬む人って
いますよね。

そういう人に限って「それがハングリー精神
になって成功を導く」なんて考えていたりする
のですが、残念な事に、その逆の結果しか
待ってません。

理由は、成功した人を妬むということは、
成功は妬まれる対象だという思考が
でき上がってしまうからです。

つまり、「成功 = 悪」という構図ができて
しまいます。

「悪」だと思っている道を目指す人なんて
いないですよね。

もっと言うなら、ネガティブな感情を持って
物事が上手く行くはずがありません。

じゃあ、どうすればいいでしょうか?

成功者にあこがれを抱き、そして応援する
のがいいのではないでしょうか。

そうする事で、ネガティブな感情は消え去り、
成功者を目標にできるはです。

初めはなかなかそういう思考にはならないと
思いますが、「妬む」事をやめれば、自然と
気持ちは、そう動き始めるはずです。

そうなれば、成功への第一歩を踏み出したも
同然です。

後は、焦らず地道に努力すればいいだけ
です。

成功者に懐の深い人が多いのも、うなずけ
ますよね。

起業成功の法則!パート1 ~ 自律 ~

今日から3日間にわたり、「起業成功の法則」
という記事を書こうと思います。

起業を迷っている人の参考にもなると思い
ますので、是非とも活用して下さい。

では、1日目開講です。

「起業」とは全てのことに責任を持つことです。

これは、起業する上での基本中の基本であり、
絶対条件です。

責任の所在は、問題が起こる前から決まってる!?
でも取り上げているますが、それを知らずに
起業すると痛い目に合います。

会社が倒産した時、その原因を「景気が
悪かった」とか、「売り上げ金を盗まれた」とか
言っているようじゃ、はなから起業しない方が
いいです。

それらの事は全て自分でコントロールできる
ことですよね。

景気に左右されないビジネスモデルを構築
すれば済む事であり、セキュリティーを強化
しておけば、盗難にもありません。

全責任を負うというマインドは、一朝一夕で
身に付くものではありません。

今のうちから訓練しておいて下さい。

仕事が忙しいから起業の準備ができない
というのも同じですよ。

「時間のない人ほど、時間を作るのが上手」と
いうのを耳にしたことはないですか?

よく考えてみて下さい。

こんなことに時間を使ってませんか?

テレビ鑑賞、飲みに行く、起業について熱く
語る、ゲームする、雑誌を読む、などなど。

それらの時間を使えば、いくらでも時間は
つくり出せると思いませんか?

もうこの時点で試されていると思った方が
いいです。

今この瞬間からそれらの無駄な時間は過ごさ
ないと決心して下さい。

「明日から」と決めたとしたら、明日になれば、
また「明日から」となります。

「今から」と腹をくくりましょう。

それができないようでは、スタートを切ること
すらできません。

起業とは「定期テスト」だ!?」にもある
ように、起業は遅れれば遅れるほどに
不利になります。

スタートを切るのは、明日でも明後日でも
なく、「今」ですよ。

ブログを短時間で書き上げるテクニック!

いい表現が見つからない時

ブログ記事を書いている時に、いい言葉が
浮かばなくて手が止まる事は誰しもあります
よね。

そういう時、どうしてますか?

一つには、以前書いた
適切な表現が出てこない時に使えるもの
が参考になると思いますが、これは最終手段
です。

やはり自分の感性で書いた方がいい記事に
なります。

記事を書くのにはリズムも大事

また、記事を書くのにはリズムが大切だから
間違った箇所を見つけても、修正せずに
最後まで書き終えた方がいいとも主張しました。

これです。→ 「上手なブログの書き方

が、「そもそも言葉が浮かばなかったら
進めないでしょうよ」という意見もあると思い
ますが、そういう時には、言葉が浮かばない
部分を「〇〇」と表記しましょう。

例えば、「平気でタバコを吸うおじさんに
周囲が嫌な気持ちになった」ことを表現する
とします。

で、「傍若無人なおじさんの態度に
周囲は・・・」で手が止まったとします。

そういう時には、「周囲は〇〇。」とだけ
書いて次に進みます。

すると色んなタイミングでいい表現が浮かんで
きます。

続きを書いていたら、ふと浮かんでくることも
あるでしょう。

書き終えて頭がクリアになったところで
浮かんでくることもあります。

そして、最もいいタイミングで浮かぶのが、
〇〇の直前を読んでいる時です。

記事を書いた本人ですから、その先に何を
書きたいか分かっていますよね。

すでに書いた部分をテンポよく読んでいると、
不思議なことに、そのテンポにズバッとはまる
言葉が自然と浮かんできます。

「周囲は『眉をひそめた』。」

「あっ、これだ!」って感じで。

こういう事が起こるのは、そのテンポに脳が
呼応するからなんです。

「このテンポにしっくりくるのは、この言葉だ」と
反応しているんです。

この読み直しのいいところは、それだけでは
ありませんよ。

他の箇所にしっくりこない表現があるとそれに
気づくこともあります。

これもテンポの持つ力ですよね。

また、記事を書くというのは事務的な作業の
ように捉えがちですが、私はそれだけでは
ないと思います。

記事を書くには、イマジネーションが必要です。

人によって、書いている内容は同じなのに、
読みづらかったり、爽快だったり、まちまち
ですよね。

そこは書いた人が持つイマジネーションで
変わってきます。

読みやすい文章を書くコツみたいなものは、
ネットで検索すれば山ほど出てきますので、
一度勉強してみてはいかがでしょう。

私も、偉そうに言えるほど上手くは
ありませんが。 (^_^;)

学習法スピードを何倍にも上げるテクニック

スピードは脳を活性化させる

死をも覚悟しなければならないほどの危険に
さらされた時、時間が止まったような感覚に
なるって聞いたことありますよね。

それは、あまりの恐怖のあまり、脳の処理
能力が落ち、見ているものがコマ落ち状態に
なるからだという説を聞いた事があるのですが、
どうやらそれは、逆のようです。

実際には、その危険な状態をどうにかしな
ければならないので、脳がフル回転する
そうです。

それにより、様々なことを一瞬のうちに考える
から、時間が長く感じるようです。

これを学習に応用して、ハイスピードで処理
出来たらいいと思いませんか?

普通の人は、ありとあらゆる情報がすごく早い
スピードで入ってくると、当然ながら、全てを
理解することはできません。

だから、理解できるくらいまで情報が入って
くる速度を落とします。

これはさも正しいように思われがちですが、
どうやら違うようです。

回数が多いほど学習の質は高まる

情報というのは、いくら頑張っても、一度
触れただけでは脳に定着しません。

経験はないでしょうか?

長時間のセミナーに参加した際、終わって
みたら、初めの方の内容がさっぱり思い出せ
ないってこと。

これが一度では脳に定着しないという
証明です。

だから、一度の学習で全てを理解しようと
することに無理があるのです。

もっと言うと、情報を処理する速度が遅い
から、前に学習したことは、遠い過去のことに
なってしまい、忘れてしまうのです。

だから、学習の速度は速い方がいいのです。

つまり、「2倍の速度で2度学習」する方が、
「一度ゆっくりと学習」するよりも何倍も理解が
深まるということです。

もう一つ言えることは、処理速度を上げると、
脳がそれに追いつこうとするので、
パフォーマンスが上がります。

つまり

全てを理解できなくてもいいから、とにかく
早く
処理する。

一度ではなく、何度も繰り返した方が脳に
定着
しやすい。

ということになります。

ぜひ実践してみて下さい。

自分らしい生き方を手に入れる方法!

「嫌われる勇気」っていう本を知ってますか?

タイトルだけを見ると「嫌われて何の得が
あるんだ?」って思いますよね。

私もそうでした。

でも、結構評判のいい本だし、何かしら
得られるものがあるのだろうと思い手に
取りました。

脳は自分の都合のいい言い訳をつくり出す

中盤で「なるほど」と思ったことは、世間で
当たり前のように言われている因果関係は
実は逆だったという話です。

例えば、「僕は体が小さいから関取には
なれない」と言う人がいたとします。

それは、「体が小さいことを理由に、関取に
なるための努力から逃げている」というのです。

うなづけました。

大相撲の新弟子になるために必要な
身長に達してないのに幕内力士になった
舞の海という力士がいますよね。

小学生が「学校に行きたくないからお腹が
痛くなる」のと同じですよね。

本当に学校に行きたいと思うのなら、程度にも
よりますが、お腹が痛かろうが我慢して
行きますよね。

皆さんにも経験ありませんか?

要は、やりたいことがあると、何故それをやら
なければならないか理由を探し、やりたくない
ことがあると、何故できないのか言い訳を探す
らしいのです。

私がよく言っている「全ての責任は自分にある」
というのと同じですね。

自分らしく生きたければ

最後に出てくるのが「嫌われる勇気」です。

嫌われるのは誰しも喜ばしいことではない
はずです。

でも、自分の生き方に全ての人が賛同すること
なんてあり得ないですよね。

自分らしく生きれば反対する人は必ずいます。

そこで、嫌われないことを優先すると、
自分らしい生き方を放棄することになります。

嫌われることを必要以上に恐れている人は、
周囲の人達に合わせます。

果たしてそれが自分らしい生き方と言える
でしょうか?

いわゆるカリスマと言われる人って、自己
主張が強い人が多くないですか?

そして、そのカリスマを神のように崇める人が
多い一方で、強烈に嫌っている人も、また
多かったりしませんか?

自分らしく生きるというのはそういうことだと
思います。

そうすることで自分のやり方に賛同する人
しか寄ってこないので、より楽な生き方が
できます。

誰からも愛されるキャラクターの人もいますが、
そういう人は、元来そういう人なのか、自分を
完全に押し殺しているかの、どちらかだと思い
ますが、後者だったら相当つらいだろうなと
思います。

ということで、人に嫌われないことに重きを
置く人は、この記事は無視して下さい。

自分らしい生き方をすると、自分にとって
好ましくないことが色々と起こると思いますが、
それを受け入れる勇気も必要ですよ。

一つ念を押しておきますが、「自分らしく生きる」
ことと「身勝手に生きる」こととは違いますので、
勘違いのないよう、よろしくお願いします。

社長の1時間を簡単に奪う社員の一言

社長のパフォーマンスは会社経営に直結している

社長という立場の人には、常に意識して
欲しいことがあります。

しれは、生産的な作業をする時間は、
ちょっとしたことがきっかけでぶち
壊されるということです。

それは社員の「社長、一瞬だけ質問して
いいですか?」という一言で始まります。

一瞬って、一般的には1秒以内ですよね。

せいぜい長くても5秒くらいでしょうか。

そんな短時間でできる質問なんてある
でしょうか?

そういう社員からの質問って、気が散ります。

そもそも「一瞬」という言い方にイラッとします。

で、質問内容は自分で考えればすぐに答えが
出るような、くだらないものだったりします。

そういう時、イラッとした感情をしずめて、さらに
集中力を取り戻すのに1時間くらい掛かったり
しないでしょうか?

もしも、1時間ごとにそういう質問を8回繰り
返せば、社長は1日を棒に振ることになります。

これでは会社経営もおぼつきません。

社長の時給を考えれば、社員は、自分で考え
れば答えがでるような質問を社長にすべき
ではありません。

そもそも、社長にしかできない質問なんて、
そう多くは、ないはずです。

では、どう対応するか

午前中は、社長に話しかけることを一切
禁止するというのはいかがでしょう。

そうすれば、社長の仕事は、はかどります。

そして、社員も自分の頭で考えるように努める
ようになります。

そうすることで、社員も成長します。

一石二鳥です。

試してみる価値はあると思います。